木造構造で家づくりをお考えの方

イベント・セミナー
  • ATELIER CO LABO Content
  • アトリエ・コ・ラボについて
  • パッシブデザインはスゴイ!
  • 強くてちょっとカッコいい
  • 大切なお金の話
  • 地域とともに
  • アフターメンテナンス
  • 尾張建築職人 匠の会
  • お客様の声
  • 完成後のライフスタイル
  • YYクラブ
  • 厳選土地情報
  • 安井建設について
デザインだけではなく、
優れた耐震性と断熱性を考慮した構造
公共事業などで培った確かな技術力で、
優れた品質のRC住宅をお届します。

スマート0
自然の力とゆとりを設計により
確保した家づくり
パッシブハウス
デザインだけではなく、優れた耐震性と断熱性を考慮した構造
ママハウス
住まいだけでなく家事や子育ても
考え抜かれた設計

close
コンクリート打放し+木の温もり
コンクリート打放しのスタイリッシュさと木の温もりが融合
Rの家+外断熱
パッシブデザインを考慮し通風と日射取得、日射遮蔽、蓄熱性に優れた快適住宅

close

木造基本構造について優れた耐震性と断熱性、長期優良住宅が標準仕様

アトリエ・コ・ラボの木造住宅は、デザインにこだわるだけでなく、
優れた耐震性と断熱性を考慮した構造です。

地盤補強・ベタ基礎

家の荷重ばかりでなく、他の強力な外力が加わる基礎だから、アトリエコ・ラ・ボでは1棟1棟の地盤調査をし、地盤補強工事の有無の確認とと基礎の配筋計画を行います。そこからベタ基礎で、 家の荷重を支持し地盤に固定させ、地盤に関しては全棟10年の地盤保証を第3者機関の保険による保証をお付けしています。また基礎については社内検査のほか、第三者機関による検査も全棟実施し、より正確で信頼できる堅牢な基礎を実現します。
白アリ対策 jotoパッキング工法
Jotoキソパッキング工法は「キソパッキン」を基礎と土台の間に一定のルールに基づき設置する工法。
基礎と土台を絶縁することで住まいの耐久性を高めます。
土台がコンクリートに接すると、腐りやすくなりシロアリの餌食となります。
基礎と土台の間にキソパッキンを設置 するだけで、腐る原因をなくし、シロアリが生息しにくい床下環境をつくります。

基本構造 軸組ダイライト工法

ダイライト工法は地震・台風・火災から家族と住まいを守ります。
ダイライトの壁は力を全体で受け止め、分散させるために万一の災害にも優れた強度を発揮します。大型振動台上に、筋かい工法と、耐力面材「ダイライト」を施工した家屋を設置し、実験の結果、「ダイライト」は、震度7という極大地震の強い揺れにも倒壊せず、実際の住宅に施工した場合にも、優れた耐震性を発揮することが証明されました。
家族が安全に暮らせる家
地震と火事は、日本の木の家にとっては大問題。忘れた頃にやってくるからといって、ないがしろにはできませんね?現代の家づくりでは、柱と強い『壁』を組み合せて家全体を支えます。家の強さは『壁』の強さにかかっているといっても言い過ぎではありません。
いつまでも長持ちするじょうぶな家
寒暖の差が大きく、湿度が高い日本の風土。暑さ寒さやジメジメは住まいの”健康”にも大きな影響がありますよ。外部からの雨や雪はもちろん室内からの湿気も、壁内部の結露の原因。柱や土台の腐れの原因になる壁内部の湿気をうまく外部に放出すれば、家は長持ち。
人や地球にやさしい家
何より家族が元気いっぱい暮らせることが一番大切。でも地球のことも真剣に考えたいですね。化学物質を放散しない『壁』が健康的な家の絶対条件です。もちろん、室内の湿気を排出し、ダニ・カビの原因“結露”を防ぐことも大切です。

構造材は岐阜県東白川産ヒノキ材使用

住まいは一生に一度の大きな財産と言っても過言ではありません。お客様に価値のある丈夫な住まいをご提供するため、通し柱、隅柱、管柱に関しては、岐阜県東白川産ヒノキ材を使用しています。ヒノキは、カビやダニを防ぎ、さらに殺菌効果もあるとされています。アトリエ・コ・ラボでは、地元近くに産地のある東白川産ヒノキの乾燥材を用い、「丈夫」と「健康」にこだわり、「とっておきの我が家」をご提供します。防腐防蟻処理には(株)日本シロアリ対策協会認定の天然薬剤を使用しています。

硬質発泡ウレタンフォーム A種の3

硬質ウレタンフォームとは?
硬質ウレタンフォームとはNCO(イソシアネート)基を2個以上有するポリイソシアネートとOH(ヒドロキシル)基を2個以上有するポリオールを、触媒(アミン化合物等)、発泡剤(水、フルオロカーボン等)、整泡剤(シリコーンオイル)
などと一緒に混合して、泡化反応と樹脂化反応を同時に行わせて得られる、均一なプラスチック発泡体です。
見かけは、小さな泡の集合体で、この小さな硬い泡は、一つ一つが独立した気泡になっていて、この中に熱を伝えにくいガスが封じ込められています。
このために、硬質ウレタンフォームは長期に亘って他に類を見ない優れた断熱性能を維持します。
硬質ウレタンフォームの特性をいかし、水を使って発泡する断熱材により、高い断熱性と気密性を実現します。
また、ノンフロンで水発泡なので、ガスが抜けて性能が下がることがなくなりました。
硬質ウレタンフォームの吹付けとLOW-Eの標準採用により次世代省エネ基準4等級を実現した環境に優しいエコ住宅を実現できます。

高気密へのこだわり

室内と外部を区切っている壁や窓周り等の隙間を少なくする 気密工事を標準化。不快な隙間風を防ぐことにより、建物を気密化し、必要な換気をより効率よく行うことができます。また、隙間からの漏気が少ないので、冷暖房熱のロスも少なくなります。換気をすることで気密測定によりC値(隙間相当面積)を実測し、この地域の次世代省エネ基準の5.0cm2/m2を遥かに凌ぐ0.5cm2/m2を達成しています。(弊社モデルハウスにて測定)

全熱交換型 24時間第一換気装置搭載

熱交換素子(スーパーエコロジーエレメント)の採用により、温度交換効率90%
世界トップクラスの実力を誇る、全熱交換型の24時間換気装置です。
排出する空気の熱を無駄なく換気
冷暖房費を抑え、省エネ&エコな換気システムの実現が可能です。
外気清浄フィルターにより外気のホコリはもちろん
花粉もシャットアウトします。

最近の住宅は気密性が高いため、お部屋の空気もこもりがちです。換気をしようと窓を開ければ花粉やホコリが家に入ってしまいます。スーパーECO換気ユニットはファンの力でフィルターを通ってから外気が室内に入るため、大気中に含まれる花粉やホコリを取り除き給気します。
また熱交換器の働きで、外気を室温に近づけて給気するため、冬暖かく、夏涼しい室温に近い温度で給気され、冷暖房費の節約にもなります。
特徴その1:熱(温度)交換効率90%を実現
熱交換素子(スーパーエコロジーエレメント)の働きにより、90%という世界トップクラスの温度交換を実現しました。
夏は外気を冷やして除湿をし、冬は外気を温めて加湿をするため、冬暖かく、夏涼しい快適な住環境を実現します。
特徴その2:省エネでお得&CO2削減効果で環境配慮もばっちり
排出する空気の熱を無駄なく換気するため、冷暖房費抑え、光熱費を節約することができます。
また、一般の換気システムに比べ、CO2を年間約670Kg削減します。(杉の木約48本分の年間CO2吸収量に相当)
第二・三種換気(熱交換なし) 従来型 第一種熱交換型換気 第一種熱交換型換気 SE200R
温度交換率 -- 60% 90%
冷暖房費(換気熱ロス分) 約 47,000円/年 約 35,000円/年 約 12,500円/年
換気電気代 約 2,500円/年 約 13,500円/年 約 10,500円/年
特徴その3:花粉も除去する外気清浄フィルター装着
外気清浄フィルターにより、10ミクロンの大きさの粒子を80%以上カット出来るため、外気のホコリはもちろん、大部分の花粉をシャットアウトします。

外壁 オメガ・アクロフレックス(外断熱+通気工法)

「オメガ・アクロフレックス」は、1950年代にヨーロッパで生まれた「EIFS」(外断熱塗壁工法:湿式外張り断熱)を米国にて一般建築向けに開発した新工法です。通気層や結露防止など、日本の気候風土・建築様式に合わせて新たな改良を施し、防火認定などの日本基準の許認可(木造住宅)を取得しました。
耐久性・耐震性・防水性
何層にも重なる素材、そのひとつひとつにオメガの工夫が施されています。オメガ・アクロフレックスは、非常に軽く、建物に与える負荷を軽減します。ファイバーグラスメッシュが揺れや変形に対する追従性を高め、壁のクラックを防ぎます。 壁に継ぎ目がなく、高い防水性を有します。
外断熱の快適性・省エネ性
夏は涼しく、冬は暖かく、快適で健やかな住まいづくりに理想の外壁。外断熱工法とは、建物の外側を隙間無く覆い、ヒートブリッジが少ない理想的な高断熱・高気密を実現します。さらに、フォーム状の外張り断熱材が遮音性を向上し、壁内緒露を防止して、快適な住環境を提供します。
エコロジー(地球温暖化の抑制)
自然に優しい住まいづくりが、これからの住宅建築の大きなポイント。オメガ・アクロフレックスは断熱効果が非常に高く、冷暖房によるエネルギー消費を大幅に削減できます。オメガ断熱ボードは切り回しが可能なので在庫や廃材が少なく、端材はリサイクル可能です。
リフォームの際にも、新しいフィニッシュコートを塗り重ねていくだけの簡単な作業で廃材を発生しません。
※外断熱塗料とは異なります。

長寿命化
人だけでなく、家にも優しい。オメガ・アクロフレックスの提案する外断熱とは、建物の外側を隙間無く断熱材で包み込む工法です。そのため、建物自体の構造材(柱・梁等)の湿度も一定に保たれるため、反りや割れが怒り難い環境となります。

サッシ 複合ペアガラス

複合ペアLow-Eガラス
次世代エネルギー基準に適合してさまざまな環境に対応する「複層ガラス」。 中でも、遮熱と断熱の機能を発揮する「Low-E 複層ガラス」なら、 効果的に熱をコントロールできます。
硬質発泡ウレタンとの併用で、次世代省エネ基準4等級を実現しています。


木造構造で家づくりをお考えの方TOP
木造構造で家づくりをお考えの方TOP
スマート0
スマート0
パッシブハウス
パッシブハウス
ママハウス
ママハウス
  • HOME
  • 木造構造で家づくりをお考えの方